夜中に目が覚める原因

夜中に目が覚める原因とは?

夜中に目が覚める原因とは、どのような事があるのか?

夜中に目が覚める原因が分からず困っている女性のイラスト

昔はぐっすりと眠れていたのに、最近は、どうしても夜中に何度も目覚めてしまうと言った中途覚醒といった症状に悩まされている人が増えていると思います。

 

この夜中に目が覚める原因とは何なのでしょうか?

 

実際に、夜寝ている時に目が覚める中途覚醒の症状に悩む人は、3000人を対象にした調査で約15パーセントの人だと言われています。

 

また、年齢の上昇と共に夜中に目が覚める人が増えてくる傾向があります。多くの人が夜中に目が覚める原因が分からずに悩んでいる人は多いようです。

 

 

中途覚醒の原因とは?

中途覚醒を起こす原因としては、何なのでしょうか?

 

主だった中途覚醒の原因としては、

  • ストレス
  • アルコール
  • カフェイン
  • 加齢
  • 生理

と言ったような事が考えられます。

 

 

ストレス

中途覚醒を起こす原因として一番多い原因は、ストレスです。仕事や勉強、人間関係などでストレスを受け続けていると、体内の自律神経が不安定になります。その結果、交感神経が優位になり、副交感神経が優位になりにくくなります。

 

シッカリとした睡眠をとる為には、副交感神経が優位になり、リラックスした状態を維持できる必要があります。しかし、ストレスによって自律神経が乱れると、交感神経が優位になり、興奮した状態になるとグッスリと睡眠をとるのが難しくなります。

 

特にストレスが原因の中途覚醒は、脳が興奮している状態なので、睡眠中に目が覚めると、再度、入眠するまでに時間がかる傾向があります。

 

 

アルコール

アルコールを含むお酒を飲んだ日は、中途覚醒を起こす原因になる事があります。お酒を飲むと、体内ではアルコールを分解する働きをしますが、この時にアセトアルデヒドと言った有害物質が発生します。

 

このアセトアルデヒドを分解する為には、交感神経が活発になります。この為、寝ている最中でも交感神経の影響で途中で目覚めやすくなる傾向があります。

 

 

カフェイン

毎日、コーヒーなどの大量のカフェインを飲んでいる場合には、中途覚醒が起きやすくなると言われています。このコーヒーのカフェインの効果は、約10時間〜12時間継続するとも言われています。この為、夕方に飲んだカフェインの効果によって、睡眠の質が悪くなう可能性があります。

 

睡眠の質が悪くなると、睡眠が浅くなって、中途覚醒を起こす原因になるケースがあります。

 

 

加齢

高齢になると中途覚醒が起きやすうなると言われますが、これは、加齢によって体内時計に狂いが出てくるからと言った事が原因だと言われています。また、老人になると、早寝早起きの習慣が身について早い時間から眠りにつくので、朝4時ごろに目が覚める人も少なくないようです。

 

また、若い時は成長ホルモンの分泌が盛んで深い眠りに入って熟睡することが出来ます。しかし、高齢になると成長ホルモンの分泌が減り睡眠が浅くなります。浅い睡眠が原因で、寝ている時にちょっとした刺激によって中途覚醒が起きやすくなる可能性があります。

 

 

生理

中途覚醒の原因の1つに生理があります。生理が中途覚醒の原因になる理由としては、ホルモンバランスが崩れるからです。生理前になると女性ホルモンのプロゲステロンが増えます。プロゲステロンが増えると体温が上昇して交感神経が活発になります。

 

さらに、生理になると、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが減って、セロトニンの分泌量が減ります。セロトニンは、睡眠に必要ですが、不足すると寝つきが悪くなります。

 

 

 

夜中に目が覚める中途覚醒の場合の対処方法

夜中に目が覚める原因として、上記で紹介した内容を踏まえて、改善方法を紹介します。実際に、中途覚醒で困っている場合には、上記の原因をいかに取り除くのかと言った点が大切になります。

 

ストレス対策

ストレスが原因の場合には、軽い運動習慣を持つのがオススメです。カラダが程よく疲れる事で、ストレスの解消もできますし、さらに、程よい疲れによって睡眠の質も置くなります。

 

また、お風呂に入る時には、暑いお湯ではなく、ぬるま湯に20分程度、半身浴する事によって全身の血流もよくなって、リラックスして寝やすくなります。

 

 

アルコールとカフェインの対策

アルコールやカフェインが、中途覚醒の原因になっていると考えられる場合には、アルコールやカフェインの摂取を控える必要があります。まずは、1週間や2週間、アルコールやカフェインの摂取を控えて、中途覚醒が改善できるかと言った点を試してみると良いです。

 

加齢の対策

加齢になると体内時計が狂いやすくなります。この為、毎朝、朝日を浴びて体内時計をリセットする習慣を持つのが大切です。また、あまりに早い時間から寝無いようにしたり、昼寝をしないように注意する必要があります。

 

できれば、日中は、運動習慣などを持って体を使い疲れさせて眠れるようにすると言った工夫も必要です。運動習慣があると体力が付いて眠る体力を維持する事も出来ます。

 

 

生理の対策

生理中には、ホルモンバランスが崩れる事によって中途覚醒が老いる可能性があります。ホルモンバランスの崩れを改善する為には、

  • 早寝早起き
  • ストレス解消
  • 十分な睡眠
  • バランスの良い食事
  • 軽い運動
  • 禁煙
  • アルコールを飲みすぎない
  • 血流改善

と言ったような事を意識した生活を行うと良いです。

 

 

以上のように、夜中に目が覚める原因を知って、対策をこうじるというのが大切になります。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ