低血圧と低体温の朝の寝起き改善・対処方法

低体温・低血圧の症状の朝の寝起きが悪い原因と改善

朝が起きれない原因と低血圧と低体温は関係あるのか?

流氷の写真

 

低血圧と低体温の2つの症状について、朝起きれない人との関係について紹介します。

 

低血圧が原因かも

低血圧の人は朝起きるのが苦手という事は、昔から多く聞かれます。しかし、最近では、実際には、低血圧と寝起きは関係ないとも言われています。もしも、低血圧を改善したい場合には、血液を送る筋力をアップする為に運動をすると良いようです。

 

特に、血液を送り出す為に足の筋肉を鍛えるのが良いようです。また、交感神経と副交感神経の切り替えが早くなるようです。具体的な低気圧の改善する為の運動は、早く歩くウォーキングやジョギングなどが良いようです。時間にして1日10分程度です。特に足の筋力を鍛えるのがオススメです。

 

 

低体温で起きられない

朝起きれない人の中には低体温が原因の場合があります。低体温は低血圧よりも起きにくいようです。低体温の基準は、36℃の体温が無い場合です。低体温になると、朝起きにくい以外にも疲れやすくなります。

 

また、低体温の人は体温が低いので免疫力が低下するので風邪や感染症などの病気になりやすいといった特徴があります。低体温の原因は食事が原因になる事が多いです。この食事で、ミネラル、ビタミンが不足すると食べ物を体内でエネルギーや熱を作ることができずに体温が低くなります。この原因は、加工食品のとり過ぎが多いようです。

 

また、ダイエットの食事制限を行い過ぎてビタミンとミネラルが不足する場合もあります。低体温を改善する為には、冷たい食べ物は控えて暖かいものを食べる足り、飲んだりします。また、基礎代謝を上げる為に運動を行うのもお勧めです。もちろん、栄養バランスの整った食事をします。野菜は季節の旬な物を食べて、お風呂にゆっくりつかります。

 

まとめ

以上のように、低血圧と低体温を比べた場合には、イメージとしては、低血圧の人の方が朝は辛いかと思いましたが、実際は、低体温の人の方が朝は辛いようです。

 

低体温の人も低血圧の人も、どちらも運動習慣を持つようにして、特に脚を鍛えて筋力アップが重要であるようですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ