ストレスの不眠症を治す方法

ストレスによる不眠症で眠いので眠れない?

ストレスや考えすぎる、興奮して寝れない不眠症の対処法!?

ストレスを抱えた女性の写真

 

あれこれ、気になる事があり、ストレスを抱えて、心配で考え事をしていると、いくら眠く、体がしんどくても眠れない場合があります。そのような場合にどうするのか?私の体験談を踏まえた、見事に解決した方法を紹介します。

 

精神的ストレスや考え事をしている

精神的ストレスを抱えていて、考え事をしている場合、または、楽しい事でも旅行の計画など考え事をしている場合には、夜寝れない場合があります。「眠りたくても眠れない」と言った状態で、布団に入ってから30分以上が経過しても寝れない場合には、「入眠困難」とも言います。

 

この入眠困難の状態は、不眠症の症状として若い人に比較的多くみられる症状です。このような入眠困難の不眠症の症状の人の特徴としては、一度、寝てしまえばシッカリと朝まで寝れるという状況が特徴です。

 

考えられる原因は、精神的なストレス、不安、悩み、楽しみ、気になる事があると言ったような脳が興奮状態にある為に起こる可能性があります。

 

代表的な原因としては、下記のような不安や悩みが多いですが、遠足や旅行など、楽しみでワクワクして寝れないのも同じような症状が原因だと思います。

  • 人間関係での悩み
  • 恋愛問題
  • 受験、就職活動などの不安
  • 引っ越しや就職、転勤、転向、結婚など生活環境の変化
  • 経済的な悩みや不安
  • 将来への不安
  • 遠足や旅行が楽しみ

 

基本的には、スムーズに寝る為には、リラックスさせる必要があります。ぬるめのお湯のお風呂に半身浴で長く使ったり、寝る1時間から30分前から部屋を暗くしたりと言った工夫をするのがオススメです。興奮状態を落ち着かせて、交感神経を静まらせて副交感神経を優位にすると寝やすくなります。

 

 

その他にもこのように考え事をしていると、脳がフル活動中なので交感神経が活発になって眠れ無いときの原因の1つとして、脳の前頭葉部分が暑くなっています。この為、氷や冷水などでオデコを冷やすと、脳の熱が引いて交感神経がおちついてリラックスできるみたいでした

 

これ、私が実際にやって効果がありました。他では見たことない方法ですが、仕事など、「ああしたらどうなるか?こうしたらどうなるか?」と色々と考えていた時に、夜、全然、寝れなくなった時に効果がありました。

 

 

あと、意識して、眠るときに何も考えないようにするという事も意識する必要があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ