睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の原因と治療・治し方

睡眠時無呼吸症候群が朝起きれない人の原因かも!?

時計の写真

 

睡眠時無呼吸症候群とは、夜、寝ている時に無呼吸状態が何度も起こる症状です。

 

いびきをしたり、睡眠時無呼吸症候群である場合

寝ている時に、いびきや睡眠時無呼吸症候群になっている場合は、睡眠時間はシッカリとっていても寝ている間に無呼吸期間があるので、結果的に寝起きがしんどくなります。人によっては、寝ている時に数十秒以上の無呼吸状態になる事もあります。起きている時でも数十秒も息を止めているとしんどいですよね。睡眠時無呼吸症候群は、その状態が頻繁に起こっているのでシッカリ睡眠がとれていない場合があります。

 

睡眠時無呼吸症候群を改善する為には、「肥満の解消」、「血糖値のコントロール」、「アルコールを控える」、「寝方を変える」、「口呼吸でなく鼻呼吸の習慣を心がける」と言ったような事を注意する必要があります。

 

 

肥満の解消

肥満の人は喉の部分の脂肪が多いので、その脂肪が気道を圧迫するのが原因で、睡眠時に無呼吸になるのが原因になっている場合があります。このような場合は肥満の人はダイエットをする必要があります。

 

 

血糖値のコントロール

睡眠時無呼吸症候群になる原因の1つに低血糖があります。睡眠時に低血糖になることで交感神経が刺激されることで、喉が緊張して睡眠時無呼吸症候群を起こす可能性があります。

 

 

アルコールを控える

むくみやすい体質の人の場合は、アルコールの摂取を注意する必要があります。アルコールを飲むことによって、喉がむくんで気道が狭くなる場合があります。お酒を飲んだ日はいびきが大きい人は、睡眠時無呼吸症候群になりやすい体質なので注意が必要です。また、アルコールは低血糖になる可能性もあるので飲む回数や量を減らすのがオススメです。

 

 

寝方を変える

睡眠時無呼吸症候群になる人は、仰向けで大の字になって寝ている人が多いとも言われています。仰向けに寝ている場合に舌が肥大したり、舌や喉周辺の筋力の低下で息が詰まりやすくなります。この為、仰向けで寝ている人は、横向きにしたりうつ伏せでなるなど寝る時の姿勢を変えましょう。難しい場合は、抱き枕を使うのも良いです。また、枕が合っていない場合には、頭と首などの角度が悪くなり、喉が詰まりやすい場合があるので、枕や寝具を見直すのがオススメです。

 

 

口呼吸でなく鼻呼吸の習慣を心がける

睡眠時無呼吸症候群になる人の多くが口呼吸をして寝ている人が多いです。口呼吸は、口の中が乾いてしまいます。その結果、気道が狭くなりいびきをかきやすくなるので、鼻呼吸を意識しましょう。どうしても難しい場合はマスクして寝るなどの工夫も必要です。

 

治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療方法は、いくつかの方法があります。

  • ダイエット
  • 鼻の手術
  • 扁桃の手術
  • 眠る時にマウスピースを装着する
  • 専用の機械を使い鼻からマスクで空気を流す

 

人によっては手術を行う事がありますが一番簡単な方法は、cpapという専用のマスク状の機械を付けて寝る方法です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ