起立性障害

起立性障害とは?朝起きれないのは病気?どんな病気なのか?

起立性障害とは?どんな病気なのか?

起立性障害とは?何かを疑問に思っている家族のイラスト

起立性障害とは、起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)とも言われており、自律神経失調症の一種です。

 

起立性障害が起こりやすい人とは?

起立性障害という病気になっている人というのは、実は、日本の中学生の約10パーセントもいると言われています。特に、起立性障害になるのは、思春期を迎えた女子に現れやすいと言われています。

 

しかし、体調不調を訴えて、小児科などの病院の診察を受けて、血液検査などを行っても異常がが見つからない場合には、起立性障害と診断されます。

 

 

なぜ思春期の子供に多いのか?

起立性調節障害は、思春期の子供がかかりやすい病気です。「起立性」と言ったように、立った時に重力の影響で、血流が悪くなるのが原因です。この血流に関しては、自律神経のバランスや日内リズムによって整えています。

 

思春期の子供は、急激な体の成長によって、自律神経が身がれやすい時期でもあります。この為、急に体が成長して、自律神経のバランスが悪くなったところに、精神的ストレスなどが重なると、病状を発症する場合があります。

 

 

朝起きられない以外に、どんな症状があるのか?

起立性障害の病気になると、「朝起きれない」と言ったような症状が代表的ですが、朝起きれない以外にも

  • 立ちくらみ
  • 目まい
  • 気持ちが悪くなる
  • 動悸
  • 息切れ
  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 立っていると気分が悪くなる
  • 集中力の低下
  • イライラする
  • 失神

と言ったような症状が現れる場合があります。

 

特に、起立性障害の一番の特徴は、午前中に体調が悪くなり、午後には改善すると言った事から、怠けていると感じられる事が多いと感じます。

 

 

起立性障害の子供の特徴

起立性障害の子供は、朝起きるのが苦手で、寝起きが悪く、なかなか起きることが出来ません。この為、朝が弱く、一日中ゴロゴロしているが、夕方には元気になります。この為、学校を遅刻したり、欠席することが多くなります。

 

 

検査方法

起立性障害は、1960年代に注目を集めていますが、当時は、特に検査して確かめることができませんでしたが、1990年代になると起立直後の血圧を測定する事によって、目まいや立ちくらみを起こしている状態など、健さkすることが出来るようになりました。その後、子供に合わせた診断や治療を行うことが可能になっています。

 

 

起立性調節障害は、どうすれば治るのか?

起立性調節障害になった場合いは、病院に行って医師の指示のもと、薬物両方や心理療法などを組み合わせて治療する事になります。

 

その治療を行う前に、両親は、まずは、起立性調節障害についての知識をシッカリと勉強しておく必要があります。朝起きれないなどの起立性調節障害の症状は、一見、怠けているように見えるので、両親は、イライラしがちです。両親がイライラすると子供のストレスにもなるので注意が必要です。

 

この為、医師に相談し、適切な治療を行う必要があります。

 

 

起立性調節障害の子供の注意点

起立性調節障害の子供の症状を和らげる為に良いと言われている事を調べたので紹介します。医師に相談して、適度に参考にされると良いと思います。

 

朝起きる時は、起立性調節障害の子供は、脳への血流が悪くなり、立ちくらみを起こす可能性があります。この為、朝起きたときには、頭を低くして急に立ち上がらずに、ゆっくりと立つようにに意識します。

 

その後、1日に1.5リットルから2リットル程度の水を飲みます。水は、まとめて飲まずに、小さめのコップでこまめに飲むようにします。また、血圧を下げないように、塩は、1日に10グラムから12グラムと言ったように多めに摂るようにします。

 

その上で、毎日、規則正しい生活をしつつ、適度な運動やストレッチをする習慣を持って、自律神経を整えるようにします。また、夜はカーテンを開けた状態で寝て、朝は、朝日を浴びて目覚めるようにすると良いです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ